白紙ソート

Win-Winを願う

前回の記事で社員が発明した特許を会社のものとする法律に問題があると書きました。
とはいえ、所有権を会社に帰属させることが完全に悪であるとは思えません。
個人主義が叫ばれる現代ですが、会社というか組織に在籍している以上それは不可能です。
人件費、光熱費、設備費、材料費など研究のために会社が負担しているものは多くあります。
また、大抵は複数人で取り組むと思うので、「俺が作ったから俺のもの」というのは道理に反すると思います。

だからといって開発者に対して冷淡な態度をとることも間違っています。
この記事によれば、ノーベル賞受賞者の一人中村氏は勤務先の日亜化学から、特許の開発に対するボーナスを2万円しかもらえなかったとあります。
膨大な利益を生むものを発明してくれた人に対してスズメの涙ほどの報酬しか与えないことは明らかに義理を欠いています。

結局のところ、特許権がどちらのものであろうと双方がWin-Winの関係になるように調整や妥協していくことが大事だと思います。
もっといえば、お互いあんまり欲張らない方がいいですよ、と言いたいのです。

本末転倒

青色LED開発の功績でノーベル物理学賞を天野氏、赤崎氏、中村氏の3人が受賞したことは記憶に新しいですが、その中の中村氏は、会社で発明した特許を会社のものとする特許法改正に猛反発しています。

企業側が社員からの訴訟を回避するためというのがこの法改正の理由で、おそらく様々な大企業からの圧力があったのだろうと思います。
この法改正が通れば大企業側は小躍りをして喜ぶでしょうが、果たしてそううまくいくでしょうか。

特許を会社のものにすることで確かに裁判には有利になり、訴訟リスクは減るでしょう。
しかし、この改正法は訴訟が起きるような条件になったときのみ有効です。
すなわち、研究者が自社内に存在し、かつその研究者が有用な発明をした場合だけです。
逆に言えば、研究者が自社内に存在しない、または研究者が成果を出せない場合、特許が会社のものになるという法律は意味を為しません。

特許が会社のものになるということは、個人で特許を取得した場合に得られるはずの膨大な権益が手に入らないことを意味します。
改正特許法では労使間の協議によって適切な報酬を決めるそうですが、それでも得られる金額は少なくなるでしょう。
大部分の人はお金はもらえるだけもらいたいので、当然モチベーションは低下します。
やる気が出ないままやっても成果は出ませんから、特許技術も生まれません。
さらに甚だしい場合、より大きな利益が得られる海外へ出て行ってしまい、社内の優秀な研究者がいなくなってしまう自体もありえます。
特許技術はそこらから生えてくるものではないので、優秀な研究者がいなくなれば特許もへったくれもなくなります。
つまり、この法改正で訴訟リスクは減りましたが、代わりに特許技術が生まれなくなるという本末転倒な事態が起こりうるのです。

こんなことはちょっと考えればわかりそうですが、おそらくこの法改正は短期的な利益を追い求める企業群が高額な賠償費用を惜しむためにゴリ押ししたと思うので、将来の果実の芽を育てるという中長期的な視点は度外視しているのでしょうね。

アニメ視聴チェッカー

プログラミングの練習でアニメ視聴チェックリストを作りました。
残り視聴時間や動画サイトでの視聴期限を確認できるので、視聴計画作りのお供にでも。
ぶっちゃけエクセルで十分なんですが。
というか元々エクセルで作ったリストをプログラムに落としただけです。

デフォGUI例



あとボタンが動かせたり、背景画像が変更できたりします。
お好きなアニメの壁紙とかを設定するといいかも。

GUI例


ダウンロードはこちら
※12/2 バグ修正
※11/28 バグ修正。
※10/28 バグ修正。
※10/20 バグ修正。
※10/19 視聴期限の追加。
※10/14 バグ修正。

正直大して複雑でないのに結構時間がかかってびっくりです。
次は何かゲームが作りたいですね。

横断歩道とルール

私の家の近くに横断歩道があるのですが、信号が青になっても車がなかなか止まってくれず、いざ渡ろうとすると轢かれそうでヒヤヒヤします。
それでふと思ったんですが、横断歩道ってかなり怖い場所だなと。
よく考えると、ぶつかるだけで人を殺せる凶器が通る場所を歩くんですよね。
もっとも、今年度の上半期の横断歩道での事故は約1000件程度ですし、日本中の横断歩道の数を考えれば、普通はそんなに危険はないと言えます。
なぜ危険が少ないかと言えば、横断歩道は歩行者優先というルールが存在しているために他なりません。
そのルールをドライバーが守るという常識があるからこそ、事故が起こりにくく、横断歩道は安全だと思えるのです。
危険な場所をルールによって安全な場所に変えているという点で、ルールって偉大だなぁと思います。

FC2Ad