白紙ソート

死刑考

国家権力が自国民を殺害するという制度を放置しておくことは確かに問題だ。
暴走したときに邪魔な人間を除去したり悪用されるかもしれない。
また、死刑は国家による最悪の人権剥奪行為であるから、人権を重視する世界(というか欧米)の潮流とも合致しない。
基本的人権の尊重を憲法で謳っておきながら人権抹殺制度を放置していることは確かにおかしい。
残虐な刑罰を禁ずる36条にも抵触するだろう。
また、死刑執行官に人殺しを強制すると言う点も見逃せない。
以下に業務とはいえこれも国家による一種の人権侵害だろう。
裁判官、裁判員も同様である。
そして冤罪の存在がある。
最近も死刑囚が無罪に覆ったことがある。
殺される理由が何一つない人間が間違って殺される可能性のある死刑という制度は万が一のリスクを考えると確かになくすべきものだ。
こんなところが死刑反対派の主張だろう。
ああ、全く正しい。反論できない。
(まあ国家権力が暴走したらどっちみち死刑を作るだろうし、別に世界の潮流に合わせる必要はないし、基本的人権は基本的だから死刑は例外といえばいいし、冤罪問題は死刑に限らないし、残虐は定義があいまいだし、執行官は自分がやったとわからないようにしてるし、死刑宣告と執行は違うみたいな反論はできるだろうがそれはおいといて)
さらに人権団体のアムネスティではこんなことも言っている。
「 死刑制度は、私たちの意識の深層に、「秩序を乱せば殺す」「秩序は人の生命にも優先する」という思想を、植え付けることにもなっていないでしょうか。
この思想は、「生命の尊厳は絶対である」という人権思想と、実は対極にあるものといえます。
このような思想が死刑制度を容認する限り、私たちの子どもたちも、いわば「生命よりも、社会的な秩序が大切である」社会を生きることになります。
社会秩序や治安が大切なのは当然です。
しかし、生命がそのための手段に使われてはならない。
それを認めれば、政治が市民の生命を踏みにじる時代に、いつでも逆戻りしてしまいます。
私たちは、そのような社会を、次の世代に引き継がせたくありません。

生きる権利は、誰もが有する基本的な人権です。
人為的に生命を奪う権利は、何人にも、どのような理由によってもありえない。
国家さえもそれを奪うことはできない。これが、生きる権利を保障する「人権思想」というものであり、アムネスティが抱いている理念です。」
秩序のために命を奪うという概念が浸透することは確かに良くない
否定しようのない意見だろう。

でもなんか反対する気にはなれないのだ
それこそ秩序>命の概念が浸透しているからかもしれないが、でも俺はこの意見に全く完全に賛同するし、治安維持法や隣組は最悪だと思うし、会社のために自殺するような人を許さないと思う。
個人の人権は何物にも代えがたいもので、何よりも優先され絶対に守るべきものだと思っている。
多くの人もそうだろう。
内閣府の世論調査では8割以上が基本的人権について知っていると答えた
しかし、一方で死刑支持が8割を越えており、大多数が人権抹殺の死刑を何の違和感なく受け入れる。

この矛盾はなんだろう。そしてその矛盾に違和感がないのはなぜだろう。
普通、矛盾した考えを突き付けられたら混乱して嫌な気持ちになる・
それがないのだとしたらそれは自分の中で矛盾しない事柄なのだ。
ではなぜ矛盾しないのか。
前述の世論調査では賛成の理由として4つ挙げられている。
①被害者および被害者遺族の気持ちがおさまらない
②凶悪な犯罪は命で償うべきだから
③凶悪犯を生かせば再び凶悪犯罪を犯すかもしれないから
④凶悪な犯罪への抑止力
①と②は償い、③と④は抑止といっていいので実質は償い(報い)と抑止としての意味が強いだろう。
ただ俺は抑止には否定的だ。
凶悪犯罪を犯すようなやつは法や道徳の概念がないから抑止にならないと思うからだ。
データでも抑止力にならないと出ている(アメリカだし結構異論もあるようだが)。

償いはどうか。
俺はこれには違和感はない。
つまり人権<償い、報いなのだ。
しかしこれは前述のアムネスティの言うような秩序のためではない。
だとすればなんのためだろう。

一つ考えるのは償い、報いを物語として消費しているという可能性だ。
日本は仇討の話が多い。
仇討のストーリーも多い。忠臣蔵とか(あれは逆切れも甚だしい気はするが)
さるかに合戦やかちかち山も仇討だ。
あと「死をもって償え」とか「仇は討ったよ、父さん・・・」みたいなセリフは各所で聞くような気がする。
というかバトル系や推理ものはかたき討ちが多い。金田一少年の事件簿は半分以上仇討。
でも外国も同じような気はする。オリエント急行殺人事件とか緋色の研究とか。
映画コラテラル・ダメージも仇討の話だ。
仇討の物語は世界中どこでもウケるのだろう。
しかし世界の潮流は死刑廃止だ。
となれば創作物やそれを好む文化かどうかは関係ないだろう。
だから消費的物語として見ているからではないことになる。
俺もそれは否定する。
第一仇討と死刑は違うだろう。

と、ここまで考えてきてわかった。
被害者の心情とか償いとか秩序とか実はどうでもいいのだ。
因果応報は完遂されねばならないというのが俺の正義なのだ。
((なお、ここでの因果応報は仏教用語のほうではなく俗語のほう。
手元の辞書によれば「過去および前世の因業に応じて果報があること」))
そしてこの論理で行くと、死刑自体どうでもいい。
というより因果応報すれば刑罰でなくてもいい。
だから賛成でも反対でもない。だからこの問題にあまり関心がない。
現状の最大級の刑罰が死刑であるというだけで死刑以上の罰があればそれでいい。
たとえば意識だけを電脳空間に移してそれに対して永遠の苦痛を与えるとか。
場合によっては死刑ですらぬるい場合はある。秋葉原連続殺傷事件とか。
「罪を犯した者は相応の罰を受けなければならない」
それが、つまり因果応報が達成できればそれでいい。
罪の大きさに応じて相応の罰が課せられるという状態を常に遂行するには理論上罰の大きさは無限に大きくなければならない。
しかし無限に大きい罰は達成できないから、せめてその中で最大の罰を持って上限とする。
その最大の罰が死刑となっているだけのこと。
死刑は因果応報を達成するための手段に過ぎない。
つまり人権剥奪は因果応報であれば許されることになる。
ただし因果応報が成立するかは個人個人が決めることで国が決めることではない。
なお、相応の罰は情状酌量で軽減されるので罪を犯しても行為が善なら減刑されるし自首したり反省したりすれば減刑される。
償いは特定の行為で先取りできる。
もちろんこういう考え方(罪には相応の罰を)は暴走すれば戦争に突っ込みかねないが、そんなことをしたら自分らも因果応報になるとわかっているのでたぶん大丈夫じゃないかなぁ。

まあ賛成派のすべてが俺と同じ意見だとも思わない。
だけど基本的人権を守るべきといいながら死刑を放っとくというダブルスタンダードが成立するにはこういう例外というか上位概念に相当するものがないと理屈が通らないと思うのだ。

さて因果応報が成立すべきだとして、その理由は何か?
因果応報が何のために実行されなければならないのか?
これは別途考察すべきことだろう。

承認欲求

いつか誰かが自分をスカウトしてくれないかなと思う。
「君の力が必要だ、是非ウチに来てくれ」のように言われたらホイホイついて行ってしまうだろう。
そしてそこでは自分が大活躍するという夢想をする。
白馬に乗った王子様がワタシを迎えに来てくれる―という乙女の妄想と何ら変わりない。
この根本にあるのは結局、承認欲求だ。
なにしろ1人でやっていると褒めてくれる人が誰もいない。(貶す人もいないが)
だから承認されることに飢えているのだ。
それは身を滅ぼす欲求だとは思えど、それでも味わってみたいのだ。
ツイート分析でインプレッションをやたらめったら眺めたりね。

でも人とのやりとりが発生して自分のペースを乱されるの嫌なんだよなぁ。
だから当然組織勤めは嫌だ。
人と人とのやりとりをしなければ先へ進めないとか作業が止まるとかが嫌だ。
俺にとってコミュニケーションコストはものすごく負担が大きいしうっとおしい。
別に人と話すと爆発するわけじゃないし、なんだかんだ1年半はやってこれてたんでできるけども、嫌。
有休をとろうと思ったときに他の人と調整をしろと言われたから有休取るのをやめるぐらいにはイヤ。
全てのリソースを自分でコントロールしたい人間には組織勤めは向かない。
だから結局誘いに応じることは無いんだろうなぁと思う。

まあなんか作って出せば今の時代はそれなりに評価されるんで、無理して他人と組んでやる必要もないんだけど。
承認されたくば何か作れ。
ネタ絵でも描こうかしら。

相棒14 18&19話感想

指名手配犯が警官から銃を奪って殺してしまう割とよくあるパターンかと思ったら違いましたね。
3年前の事件で銃は強奪され、犯人はそのまま行方不明になっていました。
その犯人が再び現れ、再び行方不明になった夕霧岳へ逃走。
山狩りが行われます。
右京さんは弾痕を見つけた後、うっかり崖から落ちてしまいます。
そのまま行方知れずに。
次の日、近くでゴルフコンペをしていた冠城がやってきます。
右京さんの行方を聞いていると、特命係から課長が落ち着いて聞けと緊迫した様子で電話がかかってきます。
ちょっぴり身構えたのですが、案の定コーヒーメーカーが壊れただけだったという。

家の中、ふとんで右京さんは目覚めます。
あの高さから落ちて捻挫だけで済むなんてウンガイイナー
まあ複雑骨折とかしてたら話進まないんで・・・
家屋を探索する右京さんは登り窯の前にいる女性を見つけます。
この場所は陶芸家・村井流雲の工房でした。
しかし村井は7年前に行方不明になっていた。
下山しようとする右京さんですが、電話はつながらず、車もガソリン切れと言われます。
あからさまに怪しい態度。嘘っぽいですね。

右京さんの捜索に冠城は参加せず。
自分が体験した亡霊の都市伝説を話して呆れられ蔑まれます。
まあこんなところで怪談話したらそうなりますよねー。
米沢さんの振り返り際にニヤニヤしていたのが爆笑ものでした。

村井は村おこしをしたい霧谷村に招かれて工房を開きました。
しかし途中で村井は消え、さらに指名手配犯が山に逃げ込んだことでイメージは悪化しました。
マスコミが心霊番組で取り上げたせいと聞いて本当にマスゴミは・・・と思いました。

右京さんは食器が3人分あることやタバコの吸い殻が落ちていたことから、夫妻のほかに誰かがいることを指摘しますがその場は躱されます。
村井の部屋に使われた形跡があったことから、村井は実は生きているのかとこの時点ではミスリードされましたね。
右京さんは指名手配犯がここに匿われていることを推理します。
追い詰められた夫は右京さんを殺そうとします。
焼き物がパリンパリン割れるので戦っている感が出ますね。
襲われている最中に電話工事の作業員がやってきます。
何とか振り切った右京さんは作業員の車に乗り込んで発進させます。
ドアが開いているのは不用心だなぁと思いましたが、あんな山奥で警戒するのもアホらしいですものね。
車で追ってきた夫に動揺して事故ってしまいます。
作業員はひどいとばっちりだなぁと思っていたら、受難はまだまだ続いて可哀想になりました。
作業員のスマホで冠城に連絡するも夫のタックルを食らって斜面を転げ落ちて気絶してしまいます。
夫はそんな右京さんを見て・・・というところで次回。
まあ予告で思いっきり生きているんですが。

冠城は村井の工房へ向かいますが、そらっとぼけられてしまいます。
右京さんは作業員と一緒に捕まっていました。
作業員は逃げなかったんですかね?
事故でケガした様子もありませんでしたし。
まあ気弱そうなキャラだったんでちょっと脅せば言うこと聞きそうですが。
猿ぐつわをこすりつけて外し、ガラスを割って手の拘束を切ります。
入り口には鍵がかかっていたため、釘で窓枠を切って脱出しようとします。
正直2人いればドア付近で待ち伏せて空いたところを組み伏せればいいんじゃと思ったりしました。
直前に大立ち回りを演じてただけに。

指名手配犯はキャンプ場で殺されていました。
管理人はほうとう屋の店員の元夫でした。
店員は彼が指名手配犯を殺したと思い、元夫を追い回します。
そのときの「このクズ!」というセリフで吹き出しました。
指名手配犯について会話していたのを冠城らに聞かれ連行されます。
店員は警察署内のトイレから飛び降りてしまいます。
店員は夜のホステスのときに指名手配犯と懇意になり、その子を妊娠していました。
自殺を咎められると、狭い村で父親が犯罪者の子供を育てられないと激昂します。
村社会怖いですね。

右京さんが脱出しようとしていると作業員が入り口に鍵がかかってないと言い出します。
そして脱出を決行。
作業員に自己暗示をかけて「俺ならできる」と言わせてたのが可笑しかったです。
右京さんは時間稼ぎのため峰田夫妻を追及します。
そこで村井は作業は本当に弟子任せだったこと、村井がすでに死んでいることを暴きます。
そして村井の死を指名手配犯に勘付かれて3年匿うことになったことも。
骨壺を見て気付いたと説明されていましたが、それだけで気づかれるもんですかね?
まあ脅して陣取っているうちに段階的に気付いたのかもしれませんが。
そうこうしているうちに作業員が5kmの道のりを疾走して電話ボックスへたどり着きます。
ボロボロの様子がちょっと笑えました。

今度こそ右京さんを殺そうと夫が鉈を振り下ろします。
しかし、殺人ができる人間じゃないと見抜いていた右京さんは微動だにせず。
いくら確信していても微動だにしないってのは無いだろうとは思いますが右京さんだから仕方ない。
鉈は寸止めされ、取り落として崩れ落ちます。
そこへ伊丹らが到着します。
右京さんを見た伊丹の「あーっ!」って態度に吹き出さずにはいられませんでした。

一件落着した後村の助役の元へ右京さんと冠城が向かいます。
そこで心霊番組は村の売り込みだったことが明かされます。
言われてみれば村のイメージを悪化させる撮影を許可するわけがないんですよね。
うまく騙されました。
マスコミはセンセーショナルにするためなら何でもするという先入観をまんまと利用されたわけです。

村井は土が焼き物に向いていないことを告げたことで助役と争いになりました。
そして村井を殺してしまいます。
作業だけさせられていた峰田夫妻を抱き込んで隠ぺいします。
夫妻の個展のバックアップを取引材料にしましたが、個展は失敗。
村井のアイデアがなければ三流だったというのは悲しい独白でしたね。
技術だけあってもアイデアがなければ創作物は評価されないというのは身につまされる思いです。

指名手配犯を殺したのも助役でした。
3年前もかばっていたのですが、今度はかばいきれず殺してしまったのです。
助役は村のためだとかヨソ者にはわからねぇ系の自己弁護をしますが、右京さんに村への背徳だと一喝されます。
そもそも事前の調査が甘すぎた村のせいなのに、責任転嫁して殺してしまったうえ、それを隠すために村のイメージを下げ、挙句に指名手配犯を匿ったんじゃ村のためという言い分は通りませんよね。
一つの嘘を隠すために別の嘘をつき、果てに本末転倒してしまうってパターンはいつ見ても滑稽無様です。
失敗は失敗として認めるしかないんですよ。
たとえそれが心臓を掴まれるようなショックでも泣きそうで逃げ出したくなるくらい辛くても。
  
冠城が見た白いスーツの亡霊は村に降りてきた指名手配犯でした。
幽霊の正体見たりってヤツです。
ところが、冠城が亡霊を見たのは5年前。一方指名手配犯が山に逃げ込んだのは3年前・・・あっ(察し)
そんなオチ。

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

相棒14 17話感想

事故死した成田教授の遺品を返しに来た右京さんと冠城。
その中のノートにあった謎の記号RTとは?
その後後継者の山嵜准教授の元を訪ね、成田教授が液体窒素を倒してしまい窒息死したことを聞きます。

そして堀井准教授のもとを訪ねます。
そこには黒猫が。
そこでシュレーディンガーの猫の話になります。
猫が死んだ世界と猫が生きた世界が同時に存在するという不可思議な話です。
すると突如警報が鳴り響きます。
山嵜准教授が実験室の中で同じく液体窒素を倒して死んでいました。
換気システムが死んだネズミによって動かなかったことがわかり、堀井を疑います。
問い詰めると成田教授とは研究仲間だったこと、山嵜准教授がポストを狙って彼女を殺害したと思ったこと、そしてその復讐のために山嵜准教授を殺したことを告白します。
その傍にはあの黒猫が。

えっ、もう終わり?と思いきや、いきなり場面が堀井准教授を尋ねたところまで戻ります。
今度は実験室に入り山嵜准教授を助けます。
猫が死んだ世界と猫が生きた世界。
山嵜准教授が死んだ世界と彼女が死ななかった世界。
堀井は成田教授の夫を呼び出します。
夫は研究成果を売ろうと思っており、さらに離婚話もあり、さらに直前に液体窒素を運んでいたことを知った堀井は夫を霊園へ連れて行き、殺してしまいます。
右京さんに問い詰められ「どんな世界があったと言うのでしょうか」と慨嘆します。
その傍にはまたも黒猫が、って大学構内ならまだしも遠く離れた霊園にいるっておかしいでしょうと思ったら、再びループバック。

今度は助かった山嵜准教授の首を絞めようとするところから始まります。
夫が犯人だと知って殺そうとするのは同じですが、今度は右京さんが夫に忠告する世界です。
ifの世界をいくつも見せられるあたりシュタゲと似ていますね。
まあ量子力学ネタなんで似るのは当然ちゃあ当然ですが。
夫を堀井が脅して問い詰めると、殺そうとしたがすでに死んでいたと言います。
動揺したところを突かれ、夫に返り討ちにされてしまいます。
そこに来た右京さんに堀井は我慢しても何しても不幸な結果にしかならないと慨嘆します。
そしてまた猫が現れ――

最初に右京さんが堀井を訪ねるところに戻ります。
冒頭では会えませんでしたが、猫が出てきて居留守がバレてしまいます。
そして謎のRTについて尋ねます。
RTはReThink、考え直しという意味でした。
その言葉を聞いて右京さんは成田教授が自殺だったと結論付けます。
遺品のノートには研究の根幹をなす数式が書かれていました。
その数式がRTならば、つまりやり直しを要するものならば、研究は間違いだったことになります。
既に大々的に研究成果を発表してしまっていたことから、そのあとに起こることを悲観し、自殺してしまったのです。
実験は最初と検証の2回で成功していたことから、理論が正しいと確信したのですが、それ以降、再現ができなくなりました。
再現できないものを発表してしまったことはおそらくSTAP細胞事件を参考にしたのでしょうね。
あの事件で死んだのは研究者ではなく上司でしたが。
数式は堀井准教授の考案したものでした。
つまり彼女が全ての責任を負う必要はありませんでした。
成田教授は米国へ堀井准教授を推薦する手紙を書いていたことから、堀井准教授の今後を考えて彼の失敗を自分とともに葬ったのです。
だとすれば研究者ではなく上司が死んだSTAP事件と被ります。
あるいは脚本の人は笹井氏が自らの死をもって幕引きをし、小保方氏を助けようとしたと考察したのかもしれません。
であるならば手記を出して再燃させたことは果たして良かったのかどうか。

成田教授を殺したのは実質的に自分だったと言う事実は堀井准教授を激しく動揺させます。
敵を探していたら自分が敵だったというサイコホラー的オチはやりきれません。
しかし右京さんに諭され研究を完成させる決意をします。
最後に右京さんは黒猫がいつやってきたかを尋ねます。
すると2か月前――成田教授が死んだあたりからと言います。
右京さんは犯行を未然に防げたことを猫に感謝し、冠城も礼をします。
数式を書き始めた堀井を見届けるように猫は忽然と姿を消します。
右京さんは黒猫が成田教授の生まれ変わりのように思えたと言いました。
そんな非科学的な締めを最後に持ってくるのは面白いですね。
しかしまあどこにでも現れ消える霊や魂もまたシュレーディンガー的なものと言えなくもありませんから、この結びもある種必然かもしれませんね。

今回は何度もifの世界が切り替わる構成でしたが、結局はどういうことだったのでしょう?
シュタゲのように世界線があって、視聴者は複数の世界を観測したという体だったのでしょうか?
成田教授を殺したのは夫でも山嵜准教授でもなかったと堀井が言ったことから、全ては堀井の妄想だった可能性が高いと私は思います。
もしすべてが別々の世界で起きたことならば、夫が犯人だった場合と山嵜准教授が犯人だった場合を同時に想定することはできません。
山嵜准教授が犯人だと思った世界では夫は犯人だとわからなかったし、その逆の場合でもわかりません。
妄想というよりは様々なシュミレーションをしていたのでしょう。

テーマ:テレビドラマ - ジャンル:テレビ・ラジオ

FC2Ad