白紙ソート

対人権MAP兵器

自民憲法草案の中で最もタチの悪い改正案、それは12条です。

現行12条
「 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。 」

草案12条
「この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力により、保持されなければならない。国民は、これを濫用してはならず、自由及び権利には責任及び義務が伴うことを自覚し、常に公益及び公の秩序に反してはならない。 」

「自由及び権利には責任及び義務が伴うことを自覚し」が増えています。
そもそも国民が国を縛るために憲法はあるのですから、国民の権利に対応する国民の義務は本来ありません。
(権利を守るために「不断の努力」をすることは必要です。)
このへん一般的な感覚とは違うので注意です。
憲法の場合、「権利を叫ぶなら義務を果たせ」は通りません。
「国民が権利を行使できるように、国は義務を果たせ」となります。

自民草案ではこのルールを改変しています。
これの何が危険かといえば適用範囲です。
権利と義務をセット扱いにすることで、国民に与えられたすべての権利に制限をかけられる余地を作っています。
いわば対人権MAP兵器です。これが言いたかっただけ
これにより基本的人権だろうが表現の自由だろうが思想良心の自由だろうが全部まとめて限定できてしまうのです。

よく話題に上がる9条はせいぜい軍事・安保・外交分野に影響がある程度です。
個人個人に直接的な影響はありません。
しかも近隣の軍事バランスや自衛隊という最大の矛盾も抱えているため手を付けないのは難しいでしょう。
しかし権利規定は特段変える必要もなく、個人への影響も大きい代物です。
草案自体が野党の時にノリと勢いで作った自己満とはいえ、12条の内容については注視する必要があると思います。

夢見がちな人びとへ

保守にしろリベラルにしろ、思想信条に基づいて行動する人は心のなかに理想郷を描いている。
その理想を実現するために動いている。
自分に都合のいい世界を実現したいと願っている。
だけどこの人たちはある一つのことを忘れている。
「あなたの理想は誰かにとって悪夢かもしれない」
そのことに思い至っていない。
この世界はとても複雑で、この世界に生きる人々はあなたとどこか違う価値観を持っている。
あなたがもし誰かさんの理想を悪夢だと思ったとしたら、あなたの理想もまた誰かさんにとっては悪夢なのだ。
1億の理想の衝突を無視してあなたの理想だけを通すわけにはいかない。
どこかで妥協が必要なのだ。

あなたが嫌う誰かを締め出してできた理想郷は、本当に理想郷なのか?
ユートピアとディストピアは表裏一体だ。
美しい世界は尋常ならざる悪夢の世界かもしれない。
あなたの理想の世界に不幸な人はいないのか?
この世界のあらゆる要素は理想のなかでどう振る舞う?

すべてのものに価値はなく、一人一人が勝手に価値付けるだけ。
あなたが価値付けたものはほかの人にとっては無価値かもしれない。
誰かさんを想像しよう。
あなたと反対の価値観を想像しよう。
その価値観はもっと高いところで同じくできないか?
あなたの価値観に興味のない人の価値観を想像しよう。
その価値観も止揚できないか?
70億人を包摂することはできないか?
未来の100億人を受け入れる土壌は作れないのか?
全てを受け入れ誰も不幸にならない世界は実現できるのではないか?
それこそが理想郷なのではないか?

あなたの理想も私の理想もいいとこ取りして世界を前に進めよう。


・・・という理想。

中間管理録トネガワ(2) 感想

9話
上司の顔色を伺うというのはよくある言い回しですが、眉毛の角度を伺わなきゃいけないのは兵頭会長ぐらいでしょうね。


11話と12話
海老谷が見ていられませんでした。
ときどきいますよね、ああいう人・・・。
方向違いの努力はムダになると昔言われて反発したんですが、「なるほどこれが無駄な努力か」と得心させられました。
しゃにむに取り組む前に何が必要かはハッキリさせないといけませんね。

そのあとでちゃんとフォローを入れる利根川がかっこいいですね。
前の勤め先の上司を思い出します。
すぐ見限らず正しい方向に導こうとする上司の鑑。
まあ結局脱線しっぱなしだったんですが・・・。


13話
手を洗う時の擬音「モコ・・・モコ・・・」が妙に気になりました。
なんとなく面白くてしょっちゅうピンポイントでこのページを見返しています。


14話
今まで逃げてばかりだった人間が、覚悟を決めて奮起すると、
その熱意にこたえて周りも盛り上がる――というのは熱い展開ですよね。
不甲斐ないリーダーでも気持ちがあれば、皆を引っ張っていけるというのに励まされる人も多いでしょう。
だからってインフルまき散らして全滅させたら元も子もないんですが。


ハンチョウ
読み切りのハンチョウも面白かったです。
カイジ本編はアニメ1期を見ただけなので大槻班長はよく知りません。
まあ地下にいる時点でロクでもない性格なんでしょうが・・・。
とても楽しそうに美味しそうに酒を飲む姿がよかったです。
私はお酒は大嫌いなんですが、少し憧れてしまいますね。


そろそろ本編読んでないと分からないネタがでてきそうなので買いましょうかね。
まず置く場所作らないとですが・・・。

テーマ:漫画の感想 - ジャンル:アニメ・コミック

「RTは同意を示す物ではありません」

ツイッターのプロフィールに「RTは同意を示す物ではありません」と書いている人を見かけることがある。
これには疑問を持っている。
まあ確かに、リツイートしたら賛同したことになるという決まりはない。
リツイートが賛同でないのならば、反対か興味なしかのいずれかになる。
反対はひどいことを言う奴を晒し上げたいということだろうから分かる。
しかし興味ない情報を拡散させる理由が分からない。
(まあ保険をかけてるだけで深い意味はないのかもしれないが)

仮説としては、自分にはどうでもいい情報だが、必要とする人がフォロワーに居そうだと思ったということかもしれない。
情報を流しただけで真偽については一切関知しないという姿勢なら理屈は通る。
真偽は個々人が判断すべきことだと言われれば確かにそうだ。
情報の選別を他人に押し付けるのはおかしい。
鵜呑みにするほうも悪い。
その筋の専門家でもない人のことを軽々しく信じてはいけない。
鼻血事件のように。

ただ、迷惑なことだろうが、影響力の強い人間はその振る舞いで生じるリスクを考えてほしい。
良かれと思って流した情報のなかにデマが混じっている可能性を考えてほしい。
流した情報にも責任を持ってほしい。
責任責任いうのは保守派みたいで嫌なのだが、この情報社会ではデマというのは最悪の兵器だと思っているので、なるべく気を付けてほしいと思うのである。

あるいは代案として「RTは真偽を保証するものではありません」と断っておくのはどうだろうか。
そのほうが直接的だ。
もっとも、影響力の強い人間は盲信されそうだから意味があるか微妙だが。
そもそも情報の吟味をしない人には効果がないというのもある。

FC2Ad